2階からMac

〜嫁様!もう無駄遣いしないから、2階からMac投げるのやめて〜

Read Article

元祖FPSゲームDOOMシリーズ最新作『DOOM Eternal』、発売前トレイラー公開。日本版は2020年3月26日発売です(*`・ω・)ゞ。

元祖FPSゲームDOOMシリーズ最新作『DOOM Eternal』、発売前トレイラー公開。日本版は2020年3月26日発売です(*`・ω・)ゞ。

 

 

ベセスダ・ソフトワークスのFPSゲーム『DOOM Eternal』の発売前トレイラーが公開されました。

DOOMと言えば元祖FPSゲームです。3Dグルグルの目が回る〜な世界で悪魔達と果てしない戦い。シリーズ最新作が『DOOM Eternal』です。当初、2019年11月に発売予定でしたが発売日未定で延期。年末ごろに2020年3月発売が予告されていました。

一応、過激なシーンがあるゲーム。18禁です(●°ᆺ°●)。CEROレーティング「Z」なので良い子は18歳になってから遊んでください<(_ _)>。

『DOOM Eternal』

  • 対応ゲーム機:PC、PS4、XBox One (Nintendo Switchには2020年内に発売予定)
  • 日本語版のCEROレーティング「Z」。ゲーム北米版『DOOM Eternal』と内容は同じ内容です。規制無し!
  • 発売日:2020年3月26日(日本語版)
  • 初回生産特典『DOOM 64』ダウンロードコード 同梱(PS4版はダウンロードコードのご利用には、インターネット接続環境および、PlayStation Networkアカウント(無料)が必要です)

究極のスピード&パワーで次元を超えた怒涛のFPSバトルを実現
id Softwareが手掛けるDOOMシリーズの最新作『DOOM Eternal』は、The Game AwardsにおいてBEST ACTION GAMEの栄冠に輝いた2016年の大ヒット作『DOOM』の正統続編として、E3 2019においてもBEST ACTION GAMEを獲得。ゲームエンジンにid Tech 7を採用した本作は、究極の融合を果たしたスピードとパワーで、次元を超えた怒涛のFPSバトルを実現する。

帰還したドゥームスレイヤーの眼前に広がるのは、デーモンに侵略された地球だった。地獄からの脅威を打ち破り、スレイヤーの起源に迫りながら、長く過酷な任務を完遂させろ。

 

もう、昨年に予約済みで延期で待ちにまった『DOOM Eternal』。

初めて初代DOOMを遊んだのは秋葉原のPC屋さん。当時のPCで3DグルグルのFPSゲームは新しい世界を感じました。あれから約26年か27年くらい達、ゲームのグラフィックはリアルだし本当にゲーム機の進化(PCの進化)はスゴいですね。

前作のリブート「DOOM」はNintendo Switch版を購入して遊んでクリアしました。その前の「DOOM 3」はPC版。今回はPS4版を予約済みです。DOOMの面白さは3Dグルグルで戦うだけで無く、謎解きなども楽しいところです。個人的にはホラー要素が強かった「DOOM 3」が大好きナノです、他のDOOMシリーズに比べて無制限に悪魔達が出てこない少し寂しいところが不人気のようです。

まあ、アメリカンはゾンビとか悪魔とかがゾロゾロ高速移動して大量に出て来る〜カオスな世界で戦うのが好きですよね。私も好きです。

まあ、良い子は遊べない少し過激なDOOMシリーズ。もーう、反射神経も衰えて来た50近いおっさんですが、若い人に負けないようにFPSゲームを頑張っています。自分的には格闘ゲームもまだまだ現役! プロゲーマーに今からでも成れるのでは?と思ってゲーセン行ってネット対戦で全く勝てずに涙を流しています。イイんだ、家で大人しく1人でも遊べるDOOMで遊ぶモン(・∀・)。

それでは(^_^)/

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Return Top
Warning: getimagesize(/home/macponrkuma/robokumac.com/public_html/wp-content/themes/dp-elplano/img/json-ld/nologo.png): failed to open stream: No such file or directory in /home/macponrkuma/robokumac.com/public_html/wp-content/themes/dp-elplano/functions.php on line 958