2階からMac

〜嫁様!もう無駄遣いしないから、2階からMac投げるのやめて〜

Read Article

2018年のiPhone は512GBもある? 6.5inchモデルはApple Pencilが使えるかも!

今月の25日(土)には『Apple 京都』がオープンします。
そして、例年通りなら来月の9月には2018年モデル、新型iPhoneの発表会が開催されると思われます。もう、多分1ヶ月ないよ!
余りリーク情報は流れて欲しくない所ですが、既に工場では生産しているはずなのでどこからか情報は漏れるモノです。嫌だけど。

新しい直営店もオープンし、新しいiPhoneももうすぐ発売( ´艸`)。お祭りモードがやって来ます。ね。

2018年のiPhone は512GBもある? 6.5inchモデルはApple Pencilが使えるかも!

台湾の調査会社Trendforceによると、5.8inch、6.5inchのOLEDモデルでは容量が最大で512GBがオプションで提供される、またApple Pencilが使える予想しています。6.1inchのLCDモデルはデュアルSIM対応。

大まかなスペックは下記の様に予想されています。

6.1inch LCDモデル iPhone 5.8inch OLEDモデル iPhone 6.5inch OLEDモデル iPhone
RAMの容量 3GB 4GB 4GB
内部ストレージの容量 64GB/256GB 64GB/256GB/512GB 64GB/256GB/512GB
その他 デュアルSIM対応 Apple Pencil対応 Apple Pencil対応、一部の地域のみデュアルSIM対応
価格 約699$〜749$ 約899$〜949$ 約999$〜

Sauce:9to5Mac

Apple Pencil対応は怪しいかな? 512GBモデルは有り得る!

OLEDディスプレイの5.8inch、6.5inchモデルにApple Pencilが対応すると予想されていますが、私は「無いかな」と思います。対応すれば便利ですが、iPhoneで使うには現状のApple Pencilは大きすぎます。持ち運びに不便です。Apple Pencilを小さくしiPhoneに合わせたサイズで出すならアリです。
また、512GBモデルはオープションで大いに有り得ます。iPhoneを使用しての写真、動画撮影をAppleも推奨してCMも作っています。特に動画撮影はストレージの容量を使います。iPhoneの性能的にPCやMacが無くても動画編集が可能です。やはりストレージは大きければおおきいほど使い勝手が良くなります。

う〜ん、しかしスマホのストレージの容量が512GBって、もうPCやMacと同様それ以上の容量になってしまします。本当に母艦としてのPC、Macが必要無い時代が来そうです。
写真や音楽はiCloud Drive。データのバックアップもiCloud Drive。アプリはApp Storeから再ダウンロード。母艦PC、MacのiTunesが必要無くなります(実際、AppleはiTunesのアップデートで沢山の機能を廃止しています)。

さて価格帯ですが、「iPhone X」が高価過ぎたためLCDディスプレイで価格を下げ、6.5inchの一番大きいモデルを現在の「iPhone X」の価格に持ってくることは考えられます。やはり「iPhone X」は高過ぎた!!
2018年モデルの発売により「iPhone X」は販売中止になると思われます。「iPhone 8」はTouch IDありで残るでしょうね。
個人的には4inchサイズの「iPhone SE2(仮)」が来年2019年に発売されることを祈っています。ある程度低価格でです。

それでは(^_^)/

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Return Top
Warning: getimagesize(/home/macponrkuma/robokumac.com/public_html/wp-content/themes/dp-elplano/img/json-ld/nologo.png): failed to open stream: No such file or directory in /home/macponrkuma/robokumac.com/public_html/wp-content/themes/dp-elplano/functions.php on line 958