2階からMac

〜嫁様!もう無駄遣いしないから、2階からMac投げるのやめて〜

Read Article

【Apple Watch】 お安いステンレス製ベルトを購入してみました(*`・ω・)ゞ。

Apple Watch Season2(Nike+)を購入してもうすぐ4ヶ月です。
iPhone 7 Plus とセット使っていてとても便利なウェアラブルデバイスです。
特にiPhoneの通知が、即Apple Watchで確認出来るのは素晴らしい。iPhoneをいちいちポケットから出して確認する必要が無い、その分の無駄な行動が無くスマートです╭( ・ㅂ・)و ̑̑ グッ !

さて、そんな便利なApple Watchさんの面白い所がバンド(ベルト)を気軽に簡単に交換出来ることです。
アップル純正のバンドでもウーブンナイロンなら5,800円(税別)で購入出来ます。
サードパーティー製の怪しい?お安いバンド、ベルトなら約1,000円から購入できます。お遊び程度なら買っても良いかな(^O^)。

【Apple Watch】 お安いステンレス製ベルトを購入してみました(*`・ω・)ゞ。

せっかく、スポーツバンドのNike+を購入したのに冬は寒くて運動しない ロボくま です。
(御影で夏に比べて8kgは体重が増えた・・・リバンド状態でヒドイ状態)
運動しないので余り汗もかかない、通気性の良いスポーツバンドでなくても良いので「TOMS for Apple Watch Bands」を購入して交換して使っています。
なかなかオシャレでイイ!
でも、最近すこし飽きたので(飽き性)お安いステンレス製のバンド、ベルトを試したくなりました。

JETech Design Apple Watch ベルト 42mm ステンレス留め金製 (ブラック)です。
Amazonさんで2,000円以下で手に入るステンレス製ベルトです。
私のApple Watchさんはアルミケース42㎜ ブラックなのでベルトも同じ色のブラックのベルトにしました。

箱の中身です。

  • 取説。
  • ベルトのコマを外す為の調整工具(コマのピンを外す工具です)。
  • ステンレス製ブラック ベルト

ベルトはつまんでワンプッシュで装着を解除するタイプです。思っていたより見た目は高級感があります。

裏。黒メッキにはムラも無く、表裏はマッドな黒です。側面は少し光沢のある黒です。

左-「ステンレス製ベルト」、中央-「Nike+クールグレーNikeスポーツバンド」、右-「TOMS for Apple Watch Bands」です。

JETech Design Apple Watch ベルト 42mm ステンレス留め金製 (ブラック)をそのまま腕に巻くと長すぎます。
付属の調整工具でコマを外してサイズ調整が必要です。

取説には付属の調整工具の使い方を書いています。工具の上にベルトを乗せてコマを固定しているピンを抜いて長さ調整をします。

台に乗せて調整工具にてコマを外します。
外せるコマにはピンを抜く方向が刻印されているので分かりやすいです。
慎重にピン位置に合わせて工具でピンを押し出すだけなので簡単です。
私の場合は、2コマ(中心から左右に1コマずつ)取り調整しました。

バンドの調整完了。お安いステンレス製バンドを体験です(*`・ω・)ゞ。

アルミケース42㎜ブラックに付けて全く違和感なく、良い感じです。

こう見ると普通にオッサン時計ですねw。

バンドの肌触りもイイ。ステンレスの金属の冷たさもイイモノです。

黒々。

バンドの側面は光沢ブラックです。

ベルトのコマを2個外して私の腕にピッタリです。装着感は問題無し。しいて言えば少しキツイかな(^^;)。

重さを比べて見よう(毎度お馴染み)。

Apple Watch本体込みの重さです。ステンレス製 105g。重い。

Nike+のスポーツバンド 62g。ステンレスの約半分の重さです。

「TOMS for Apple Watch Bands」は 55g。一番軽くて付けているのを忘れます。

以上、重さから見るとナイロン+皮の「TOMS for Apple Watch Bands」は軽くてオシャレで付け心地も柔らかいです。汚れが気になる色ですがw。
Nike+スポーツバンドは通気性の良い汗をかいても安心。
今回購入したステンレス製バンドは100gを超えて重いですが、その分腕に装着した『時計』感が有ります。金属のヒンヤリ感、固さもなかなか「これぞ腕時計!!(オッサン)」を感じます。

使って数日の感想。

JETech Design Apple Watch ベルト 42mm ステンレス留め金製 (ブラック)を装着して2,3日の感想です。

留め具の先が薄くて細くて鋭いです。指で触ると鋭さを感じます。余り触ると指を切りそうなくらい鋭い。ココはマイナス点です。

やはり、私の腕にはピッタリ過ぎて外すとバンドの後が腕に残ります。
バンドのコマを2個外して短く調整しましたが少し短すぎた。ので、1コマ(約1cm)戻しました。
当然ユルユルになるので、留め具のところで3段階調整できるので調整しましたが一番締めても私の腕では緩くなりました。
結局最初に調整した少しキツイ締め具合で使っています。
腕にバンドの後が残りますが、腕が痺れたりしないのでこのまま使って見ます。
コレからの春、夏と暑くなると蒸れて汗疹になるかもw。その時はスポーツバンドに戻します。
気軽にバンドを交換出来るので特に気にしてません。
流石に24時間付けたまたはツラい。寝るときは腕から外します。

購入、交換して直ぐには気付きませんでしたが、上の1コマの動きが硬いです。ガチガチです。
恐らくコマとコマが擦れて固い・・・何度もコキコキと往復ネジって少し動きが良くなりました。
不良で返却しても良いのですが、面倒なので(装着には問題動きなので)このまま使います。

以上、初めてのステンレス製バンド(安い)でした。お値段から良い買い物です。
  • お値段安いにしては高級感があるバンドです。
  • 重さもステンレス製相応。
  • バンドの長さを調整する工具が付属しているので調整は簡単です。
  • バンドの付け具合、締め具合は金属のコマのバンドなので人それぞれ相性がでます。私は少しイマイチ。腕を太くするか?細くするかw。

2,000円以下で購入できるバントとしてはコストパフォーマンスが良いバンドです。
これで、スポーツバンド、ナイロン+皮バンド、ステンレス製バンドと3つ揃いました。次はオール皮のバンドかな?

Apple Watch Season2はバッテリーの持ちも良く、2年間は使うつもりなのでお安いバンドに交換して気分転換。
使用する環境でバンドを交換して楽しみたいと思います。

それでは(^_^)/

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top