2階からMac

〜嫁様!もう無駄遣いしないから、2階からMac投げるのやめて〜

Read Article

Apple純正ワイヤレス充電器「AirPower」の開発中止。理由は「ハードウェアに関する高水準の基準を満たすことが出来なかった」。残念!

Apple純正ワイヤレス充電器「AirPower」の開発中止。理由は「ハードウェアに関する高水準の基準を満たすことが出来なかった」。残念!

2017年の「iPhone X、iPhone 8、iPhone 8 Plus」の発表イベントで一緒に発表されたApple純正で同時に3台までの端末をワイヤレス充電できる充電器「AirPower」。
標準規格であるQiに準拠し、ワイヤレス充電可能なiPhoneやApple Watch、AirPodsをマットの上に乗せるだけで最大3台まで同時に充電できる。

当初2018年に発売予定とされていたが、それ以降特にAppleからの言及も無く2019年を迎えて〜1年半以上経つのだからソロソロ発売か? と思われてところで”開発中止”と悲しいニュースが流れました。

米TechCrunchによるとAppleのハードウェアエンジニアリング担当上級副社長であるDan Riccio氏は電子メールで、「努力の末、AirPowerは私たちの高い基準を達成することはできないと結論を下し、プロジェクトを中止しました。今回の発売を楽しみにしているお客様にはお詫び申し上げます」と声明を述べたそうです。

AirPower製品を完全にキャンセルしました、それ自身の基準を満たすことの難しさを挙げて。

「努力の末、AirPowerは私たちの高い基準を達成することはできないと結論を下し、プロジェクトを中止しました。今回の発売を楽しみにしているお客様にはお詫び申し上げます。Appleのハードウェアエンジニアリング担当上級副社長であるDan Riccio氏は、本日、電子メールでの声明の中で述べた。

それが2017年9月に最初に発表されてから1年以上遅れた後、AirPower充電マットは封筒くすぐり製品を発表して実際に時間通りに出荷しないというAppleの最近の習慣のための焦点の何かになりました。AirPodは、広く利用可能になるまでに少し時間がかかり、最終的には一歩踏み込んで本物の文化的瞬間になる前に限られた数量で出荷されました。

しかし、AirPowerは発表されて以来、世論のスープに浸る時間がはるかに長くなった。最近のMacBookのキーボードのトラブルに伴い、これはAppleのハードウェアプロセスには問題があるとの議論に対する一種の引火点として機能している。

AirPowerの遅延について私が個人的に聞いたこと(Appleは公式には何も言っていない)のすべては、物理法則に関連した厳しい工学問題に関連しています。具体的には、3D充電コイルが互いに非常に近接しているため、非常に慎重な電源管理が必要であるため、それらが過熱したと聞きました。

明らかに、Appleがデバイスを過熱させるような充電マットをリリースすることは、おそらくほとんど意味がない。だから、それはプロジェクトをキャンセルしました。あなたがこれについてもっと知っていれば、手を差し伸べること自由に感じなさい、私は魅了される。

他にもAppleがハードウェアの限界を押し上げて出荷してしまったiPhone 7 Plusという、2つのレンズからなるシステムが最初に思い浮かぶシナリオがありました。Appleは単レンズ版の代替計画を立てていたが、出荷する時期に間に合うようにするために、ある時点で棚を撤回しなければならなかった – まだ解決すべき問題があることを知っていても。Appleは長年にわたってこれを何度もしてきましたが、それらの多くを出荷することに成功しました。

AirPowerは、しかし、他の種類のケースでした。プロジェクトは明らかに最近キャンセルされたので、新しいAirPodケースの箱にも AirPowerの写真があり、新しいAirPodセットにはAirPowerの言及があります。

これは、Appleにとって非常にまれにしか見られない一般的な失敗です。AirPowerがいつ発売されるかについての議論全体を通して、議論の全体的な傾向が「決してない」に傾いたことはありません。この場合、エンジニアリングの問題は少なくとも現時点では克服できないことが証明されているようです。

問題の事実は、ハードウェアは確かに難しいということです。ワイヤレス充電の基本概念はよく知られており確立されていますが、複数のデバイスをパッド上の任意の場所に配置し、充電レベルと料金を通信しながら同時に充電できるようにすることによって約束されています。この場合は高すぎます。

source:TechCrunch

電気を使えば熱がでる。電磁波も出る。安全性を克服できなければそれは製品では無い!

当初、Appleが考えていた以上に「AirPower」のマットのドコでも3台同時のワイヤレス充電機能は難しかったようです。
上記のiFixit Japan (@iFixit_Japan)のツイートのもありますが、>Appleが提出したAirPower用特許申請書からはコイルを重ねる構造で複数のデバイスをワイヤレス充電する構造のようです。

今でこそ標準規格であるQiに準拠したワイヤレス充電器が安く、そして置くだけで充電してくれますが、最初にでたワイヤレス充電は製品を置く位置がシビアで少しでもズレると充電出来ない(充電のコイルの位置に正確にデバイスを置かないと充電出来ない)のでワイヤレス充電は不評でした。現状はコイルを増やす、コイルが柔軟に移動するなど技術的に改良され今のワイヤレス充電器が普及しています。安全面も克服して(多分)。

ここで一番問題になるのが、「2017年9月のスペシャルイベントの時に、「AirPower」を発表した時に、実際に試作器として「AirPower」がどこまで出来ていたのか?」です。企業として出来もしない製品を発表する事は信頼性をブランドを下げます。
発表から1年半で残念にも「開発中止、発売出来ません」報告は久しぶりにショッキングでした。電化製品の最大の敵「過熱」の克服はやはり課題ですね。

Macにしても、iPhoneにしても高負荷による過熱により動作不良は多々有ります。致命傷な場合はリコール問題に繋がります。「AirPower」は1年半かけてもそれを解決出来ずに(それ以外にも理由があるかも知れませんが)開発中止です。有る意味、潔く撤退。それとも遅すぎる開発中連絡でもあります。賛否両論あるでしょうが、現状のAppleは「AirPower」を作る技術が無いが結論です。

(´-`).。oO(マットのドコでもは止めて、定位置で3台同時に変更すれば販売出来たのに・・・高いハードルを下げなかった頑固さはAppleらしいですね。)

販売するなら安全なワイヤレス充電器を希望します。当たり前です。安全第一です╭( ・ㅂ・)و ̑̑ グッ !

さて、私的には「AirPower」を発表した当初から「あの平ぺったいマットの上にiPhoneやApple WatchやAirPodsを置くのは嫌だな!見た目が悪いしまとめて置く必要有るのか?」で余り欲しいとは思っていませんでした。まあ、価格次第だよねw。
「AirPower」の様なマットの上に3台同時なワイヤレス充電器は没になりましたが、今後サードパーティーが違った形でワイヤレス充電器を出してくれるのを期待しています。現状、置く場所は決まった3台同時のワイヤレス充電器はあります。既に出来ています。問題は『どこに置いても3台同時に充電できる』ところで、見た目や使いやすさを重視すれば、置く位置を決めたワイヤレス充電器の方が欲しいです。iPhoneは平らなマットに置くよりスタンド型で斜めに立てた方が省スペースです。Apple Watchもスタンド型で充電中は時間表示が見える方が実用的です。AirPodsは・・・ワイヤレス充電機能はそこまで必要ないのでは(●°ᆺ°●)。

今の技術で「AirPower」は開発中止になりましたが、数年後には技術の進歩で実用化出来ると思います。安全で安心なワイヤレス充電器として。複数のデバイスを置いて同時に充電できる技術は今後絶対に必要です。
通信、携帯電話も高速な5Gになります。Wi-Fiも「Wi-Fi 6」と次世代の高速Wi-Fiになります。今は置かないと充電出来ないワイヤレス充電機能も置かずに部屋にあるだけで勝手に充電出来るようになります。当然、安全にね!

失敗は成功の母(*`・ω・)ゞ。技術革新は面白い、楽しみです。

それでは(^_^)/

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Return Top
Warning: getimagesize(/home/macponrkuma/robokumac.com/public_html/wp-content/themes/dp-elplano/img/json-ld/nologo.png): failed to open stream: No such file or directory in /home/macponrkuma/robokumac.com/public_html/wp-content/themes/dp-elplano/functions.php on line 958