2階からMac

〜嫁様!もう無駄遣いしないから、2階からMac投げるのやめて〜

Read Article

『第1回中津耶馬溪フォトコンテスト~冬の耶馬渓編~』に応募するため雪の耶馬溪へレッツゴー(*`・ω・)ゞ

適当にカメラ、写真を楽しんでいます。
趣味なのだから楽しまないとイケませんが、そろそろ色々と活動したいと思うこの頃。
どこかのカメラグラブに入るのは恥ずかしいので(こう言うのが上達しない原因。人と指摘し合わないとね・・・)先ずは地域のフォトコンテストから応募して見たいと思います。
フォトコンテストには当然ブログなどに未発表のモノで応募しますが、こう言う事を機に地元の宣伝をブログでも始めたいと思います。
(隠れブロガーなので見バレしない程度に地元貢献を目指しますw)

『第1回中津耶馬溪フォトコンテスト~冬の耶馬渓編~』に応募するため雪の耶馬溪へレッツゴー(*`・ω・)ゞ

大分県の中津市観光協会HPより

秋の紅葉はもちろん、春の新緑など四季を通して様々な表情を魅せる耶馬渓
しかしまだ、冬の耶馬渓の魅力は知られていません。

一緒に耶馬渓の冬の魅力を発見しませんか?
第1回中津耶馬溪フォトコンテスト~冬の耶馬渓編~では冬の魅力の詰まった写真を募集しています!

と、大分県中津市の耶馬溪フォトコンテストが募集中です。2017年2月28日まで。
耶馬溪は春は新緑、秋は『一見百景』など紅葉が素晴らしいです。
では? 冬は? ・・・寒いw と、余り目で間がありません。
そこで観光協会さんが第1回目の冬を題材としたフォトコンテストを開催中です。

・・・でも、冬って言ったら雪しか無いじゃん(●°ᆺ°●)。

と、言うことで今年最大の寒波で大雪の耶馬溪、『青の洞門』へ撮影に行って来ました。

耶馬溪の観光地と言えば『青の洞門』です。
山国川沿いの絶壁。禅海和尚の手彫りトンネルで有名な観光地です。
明日の2017年2月11日(土)には観光どんど焼きも行われます。(2012年の豪雨による山国川の氾濫、水害から4年ぶりの再開です)

さて、冬の耶馬溪の写真を撮影する・・・難しい。
やはり雪、積雪を撮影するのがスタンダードです。ので、本日、大雪の中撮影に行って来ました。←ある意味おバカ。
吹雪の青の洞門。今日は本当に大雪です。
15㎝くらい積もってます。長靴もってないので普通に靴です(びしょ濡れ)。

左端、川沿いに立っているのが「観光どんど」のどんど焼きの竹です。

ブログの写真は全てiPhone7Plusでの撮影です。
コンテスト用はOM-D E-M1で撮影していますが、レンズに雪が付きまくって大変でした(^^;)。やはり吹雪の撮影は色々と準備が必要ですね(準備不足の思いつき行動なロボくまは「ただの靴」「軽い防寒着」「とりあえずレンズ拭くクロス」で靴は濡れるわ、レンズは汚れるわw。本当に私バカです)。

撮影していたら(寒いのに結構、悩みながら長居していたら)雪が小降りになり青空が出てきました。

iPhone 7 Plusのパノラマで撮影。

冬を題材にした場合の撮影。

冬を題材して、かつ、観光協会さんが主催となるとやはり『観光地&雪。または氷』と考えてしまいます。
なかなかワンパターンになりますが、撮影相手が自然なのでその時々で姿を変える。面白い。
夜の夜景と雪も面白いですが・・・凍死します(^^;)。それ以前に家族に「帰って来い(飯作れ!)」で怒られてしまいます。
締切も迫っているので「どうするかな?」と悩んでいましたが、タイミング良く(大雪には困りましたが)雪です。
イイ写真が撮れていると嬉しいのですが、まあ、これも経験です。
それ以上にこの雪の中、ノーマルタイヤの車(四駆だけど、ダイヤが重要)でよく無事に付いたと思います。
(実は青の洞門に丁度着く頃に、直ぐ近くの交差点の橋の所で事故が発生していました。スリップによる追突でした・・・橋の上は凍結して滑るので注意です)
写真は一応、いちおう・・・RAWデータも残しているので明日にでも現像しつつ良さげな写真を応募します。
お初のコンテスト応募です(*`・ω・)ゞ。
今年は色々と応募して少しでも上達するように頑張ります。

(´-`).。oO(そして応募を理由にレンズやカメラを買うのだ。それが実は目的だったりする。そうすれば嫁さんに無駄遣いの言い訳ができる。のかな?)

それでは(^_^)/

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top