2階からMac

〜嫁様!もう無駄遣いしないから、2階からMac投げるのやめて〜

Read Article

2019年中に「新型MacBook Pro 16inch」、「Apple純正31inch、6Kモニタ」が発売? など、著名アナリストが報告。

2019年中に「新型MacBook Pro 16inch」、「Apple純正31inch、6Kモニタ」が発売? など、著名アナリストが報告。

9to5Macによると、Apple関係の未発表製品情報を報告する事で有名なアナリスト Ming-Chi Kuo氏が新し投資者向けのメモを発表しました。

Kuo氏によると、Appleは新しいiPad、新しい16インチMacBook Pro、31インチ6Kモニタ、双方向充電のiPhoneなどを2019年に発売するという。

iPhone

2019年のiPhoneモデルはiPhone XSとiPhone XRと同じ画面サイズを維持するという。これは、6.5インチ、5.8インチ、6.1インチのiPhoneが手に入るということです。Kuo氏は、3つすべてがUSB-Cの代わりにLightning接続を保持すると言います。

Kuo氏によると、2019年のiPhoneは、屋内での測位とナビゲーションのためのウルトラワイドバンド接続、すりガラスのケース、他の機器を充電するためのバイラテラルワイヤレス充電、高電力投光照明付きのアップグレードFace ID、大型バッテリー、そしてトリプルカメラデザイン。Kuo氏は、どのモデルがどの機能を取得するかを明確には述べていませんが、これまでの報告ではiPhone 11 Maxのみが3台のカメラを追加することを示唆しています。

iPad

iPadのラインナップに関しては、Kuo氏はAppleがアップグレードされたプロセッサを搭載した今年2つの新しいiPad Proモデルを発売すると言います。現在の9.7インチiPadのサイズは10.2インチに増加し、ベゼルサイズの縮小を示唆しています。さらに、Kuo氏は新しいiPad miniの報告を裏付け、アップグレードされたプロセッサを搭載すると発表した。

Mac、モニタ

おそらく最も注目すべきは、Macのラインナップに関するKuo氏の主張です。アナリストによると、Appleは16インチから16.5インチの間でまったく新しいデザインの新しいMacBook Proを発売するという。さらに、Kuo氏はAppleが31.6インチ6k3kモニターでディスプレイ市場に戻ると言います。このディスプレイは、ミニLEDのようなバックライトデザインを特徴としており、「優れた画質」を実現しています。

さらに、Kuo氏は、Appleが2019年に「アップグレードが容易なコンポーネント」を搭載した新しいMac Proを発売すると付け加えた。彼はまた、13インチMacBook Proには32GB RAMオプションが「追加」されるかもしれないとも述べている。現在、13インチMacBook Proは最大16GBのRAMで、15インチは32GBをサポートしています。

Appleは以前、2019年に「モジュール式」のMac Proを発売すると言っていたが、今日のKuo氏のレポートには、Appleがまだまさにそれを実行する予定であることが示されている。アップルはまた、そのMac Proの発売と同時にプロのディスプレイ市場にもどっていった。

Apple Watch

Kuo氏は、Apple Watch ECG機能は今年他の国々にも提供されるだろうと付け加え、Appleは新しいセラミックケーシングデザインも発表する予定だ。AppleはApple Watch Series 3でセラミックケースのオプションを提案したが、Series 4ではそのデザインを続けなかった。

AirPods 2

最後に、Kuo氏はAirPods 2がワイヤレス充電とアップグレードされたBluetooth接続をサポートすると言います。AirPowerは2019年前半に出荷されるが、アップグレードプロセッサを搭載した新しいiPod touchもあると彼は言う。2019 iPhoneの双方向ワイヤレス充電では、iPhoneを介して他のデバイスをワイヤレスで充電できます。つまり、AirPod 2はiPhoneを介して充電できます。

確かにAppleは2019年を忙しくしているようだ。これらの製品がいつ登場するかは明確ではありませんが、3月に最初の発表が行われるのは当然のことです。

source:9to5Mac

色々とApple製品全般の幅広い情報。てんこ盛り過ぎてだが、現実味もある。新規分野の情報は無い。

過去にAppleの未発表製品を比較的正確な情報を出すことで有名なKGI Securitiesのアナリスト Ming-Chi Kuo氏のレポートです。今回の予想はあくまでも投資家向けの予測ですので、100%当たるわけでも無くAppleの色々な試作からのリーク情報だったりもします。ただ、投資家向けだけあって広範囲でてんこ盛りですw。「コレ全て出来たらAppleスゴいね!」でもあり、内容的には現実味もあります。

iPhoneについては、私もUSB-Cポートを搭載は無いと考えています。今年はまだLightningポートではないかな? iPhoneとiPad Proは今後iOSからも機能が別れます(次期iOS 13 ではiPhoneとiPadでOS機能が別れると言われています。それぞれの使い方にあった機能に、iPhoneは指、iPad ProはApple Pencilとプロ用大画面で使いやすく)。既にiPadではマルチタスクの画面に2つのアプリを同時に表示する Split Viewと Slide Over が有ります。バイラテラルワイヤレス充電に付いては、バッテリー機能が鍵を握るのでAirPodsやApple Watchのみ対応は有り得ますね。

iPadのサイズは現行から変わらないのでは?と思っていますが、Kuo氏情報では9.7インチiPadのサイズは10.2インチに増加するとレポートしています。ただ、現状のiOSデバイスの画面解像度が色々増えて次期OSではその辺りの整理整頓?どの解像度でもOSやアプリで直ぐに対応出来るようにする(して欲しい・・・頼む!)と考えてはいます。

「Apple純正31inch、6Kモニタ」はユーザーとしては待ちにまっているデバイスです。新型Mac miniも昨年発売されて純正モニタの復活を望む声は多いです。Macのデザインに合った純正モニタ( ´艸`)。お高いでしょうね。
また、面白いのが「MacBook Pro」のディスプレイを16inchで出す情報です。確かに15inchサイズでベゼルを小さくして16inchディスプレイ搭載は有り得る話です。何より今のAppleらしいやり方です。17inchのMacBook Proが無くなった今、コスト的にも15inchサイズで部品の使い回しが効く16inchディスプレイ搭載はありえます。
MacBook Pro 13inchにメモリ32GB搭載はCPUとチップセット次第なので搭載は可能です。AppleとしてPro向けMac内での差別化を考えると、13inchに32GB搭載できるなら15inch(16inch?)に64GB乗せられるよ!なんて〜事になりそうな気がします。これもお高くなるw。

Apple Watch、AirPods 2 に付いては・・・お堅い情報です。私個人の考えでは、ティムクック氏が「今年、新しいサービスをお目にかけられるでしょう」と言っているように噂の「ビデオ、雑誌の新しいサブスクリプションサービス」又は、ヘルスケアサービスに力を入れると思われます。その点からも2019年モデルのApple Watch、AirPods 2にヘルスケアサービス機能の強化が考えられます。

てんこ盛りのKuo氏のレポート。内容的には投資家向けに現実味のあるレポートだと思います。あとはAppleお得意のサプライズが付属して製品化されることを期待します。

そろそろ大胆に大きく出て、スマホを捨てて実用的なAR眼鏡などを出して欲しいですね。

それでは(^_^)/

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Return Top
Warning: getimagesize(/home/macponrkuma/robokumac.com/public_html/wp-content/themes/dp-elplano/img/json-ld/nologo.png): failed to open stream: No such file or directory in /home/macponrkuma/robokumac.com/public_html/wp-content/themes/dp-elplano/functions.php on line 958