2階からMac

〜嫁様!もう無駄遣いしないから、2階からMac投げるのやめて〜

Read Article

【ウエアラブルデバイス】「MISFIT 活動量計 RAY」を買って見ました。懲りずに(*`・ω・)ゞ。

いやー、本当に腕に取り付けるウエアラブルデバイスは買って1年経たずに壊れます(^^;)。

(過去記事)

JAWBONEのUPは最悪です。耐久性が無さ過ぎる(#゚Д゚)ゴルァ!!。
UP2なんか3ヶ月で壊れました。そして1年保証でメーカーに連絡しましたが全く音沙汰なしです。もう諦めました。
AmazonなどでUPシリーズの安売り(在庫処分か安売りセールが多いです)していますが、「絶対に買わない方が良いです!!」。安いから直ぐに壊れてもイイ、メーカーと連絡取れない(実質、1年保証なんて無い)けどイイなら止めません。

MISFITのWEARABLE FLASHは、私が電池交換後に水没させたので自己責任ですが防水パッキンが弱いと思います。あとね・・・デザインが余り良く無いw。

いい加減、「腕に取り付ける、防水の活動記録計(ウエアラブルデバイス)はダメかな」と諦めていました。
でもね、やはり自分の運動量と睡眠時間を確認、記録するデバイスが欲しいです。ダイエットの為に! 本当にダイエットだよ!!
防水の「Apple Watch Series 2」も発売されましたが、睡眠状態は測定出来ないと言うか寝てるときに充電しないとイケません。何よりも「寝ている時に時計は付けたくない( ー`дー´)キリッ」です。24時間365日、腕時計を付けている人は居ませんよね。

で、結局また、我慢出来ずに活動記録計(ウエアラブルデバイス)を買って見ました。懲りずに(^O^)。

【ウエアラブルデバイス】「MISFIT 活動量計 RAY」を買って見ました。懲りずに(*`・ω・)ゞ。

img_9256『MISFIT 活動量計 RAY カーボンブラック/ブラックスポーツバンド』を購入です。
今までのMISFITさんの活動量計は丸い円盤状のデバイスでしたが、何だかオシャレな円柱状のウエアラブルデバイスです。
何と「2016年度グッドデザイン賞受賞」したそうです。

楽しい! 開封ですよ(^O^)。

img_9257開封。箱もオシャレ。何よりも電池交換などは絵でシンプルな説明です。
MISFITさんの活動量計の特徴として『ボタン電池』で稼働します。
バッテリーでは有りません。充電の必要が無いボタン電池で4〜6ヶ月使えるので常に腕に付けたまま過ごせる、電池切れのストレスから解消されます。素晴らしい╭( ・ㅂ・)و ̑̑ グッ !

img_9258MISFIT RAYの電池はボタン電池393電池(LR754アルカリボタン電池)を3個使います。とても小さいボタン電池です。購入したら本体と別に入っています。
残念な点として、この電池は普通に電機屋さんには置いていません。4〜6ヶ月後の交換時にはAmazonなどでないと購入出来ません。(都会の電機屋さんなら有るかも。田舎は絶対に無い・・・)

img_9259本体、MISFIT RAY 色は『カーボンブラック』です。とても落ち着きのあるオシャレな色です。他に色に女性に人気の『ローズゴールド』も有ります(オッサンには少し派手なのでwカーボンブラックです)。
ベルトはスポーツバンドです。レザーバンドや別売でアクセサリーも有ります。

ボタン電池を入れよう!

img_9260さて、電池を入れないと使えません。・・・これどうやって電池入れるんだ?どう言う構造になっているの??とても面白い構造です。マークが付いている方をネジって引っぱるとハズレるようです。分かりやすい絵だけの説明、とてもシンプルです。

img_9261時計回りに半回転ネジるとロックがハズレます。そのまま引っぱると電池フォルダが出てきます。フォルダに電池の方向が書いているのでその通りに付属のボタン電池3個を直列に入れます。
後は外した逆作業で取り付ければ電池交換(取り付け)が完了です。
簡単です。
電池フォルダには防水のパッキンが付いてます。見た限りパッキンの状態は良さそう・・・水が浸入しないよねw。

電池を入れたら、iPhoneと同期です。

img_9263アプリのデバイスを開いて「RAY」を選びます。

img_9264Bluetooth接続で接続します。近くの「RAY」を探し表示されます。出てきたらそれをタップして選びます。

img_9265タップすると「Bluetoothペアリングの要求」が出て来るのでペアリングを選んで接続です。

img_9266初めて接続すると「RAY」の自動更新作業を開始します。長いので気長に待ちましょう。待っている間にiPhone画面には使い方の説明が出るので読みましょう(簡単です)。

img_9267img_9268img_9269更新が完了(*`・ω・)ゞ。デバイスに「RAY」が追加されました。

img_9271装着位置などを設定します。また、「RAY」を3回タップするとアクティビティ動作(他のアプリを起動など)をさせる設定も出来ます。

img_9272以上で、Bluetoothでの接続完了です。

「RAY」は、とてもオシャレで腕にフィットするウエアラブルデバイスです。

img_9273img_9274円柱のデバイス・・・購入前は「腕が痛くなるのでは?」と思いましたがとても軽くて付け心地の良い、付けている事を忘れるウエアラブルデバイスです。何よりもとても丈夫です。仕事でぶつけまくってますがキズが付きません。そして一番はやはり腕に付けていてとてもオシャレ( ー`дー´)キリッ。
さて、今回の「MISFIT 活動量計 RAY」は何ヶ月持つのか! 壊れるのはいつなのか!!
のんびりレポートしていきます。

と、言いつつ、実は購入したのは8月末。もうすぐ2ヶ月が経ちます。その結果は次回ご報告します。
(って、2ヶ月経ってブログに書くのだからそれないに問題が無いから書くのですけどねw)

それでは(^_^)/

 

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top