2階からMac

〜嫁様!もう無駄遣いしないから、2階からMac投げるのやめて〜

Read Article

Apple、日本のマイナンバーカードをAppleウォレットに来年春に展開。米国外では初。

*本記事には広告のリンク、アフィリエイトが含まれます。ご了承ください。

2024年5月30日にAppleは「Apple、日本でのAppleウォレットの身分証明書機能の展開を発表、米国外で初」を発表しました。これでマイナンバーカード、運転免許等の身分証明書がiPhone 1つに入れて持ち運んで使える時代がきます╭( ・ㅂ・)و ̑̑ グッ !

 

Apple、日本でのAppleウォレットの身分証明書機能の展開を発表、米国外で初

マイナンバーカードをお持ちの、日本にお住まいのみなさんは、来春の後半より、Appleウォレットにマイナンバーカードを追加して、対面またはiOSのアプリ上で安全に提示できるようになります

Appleは、日本のデジタル庁と協力し、来春の後半から日本に住むみなさんがAppleウォレットでマイナンバーカードを利用できるよう準備を進めています。Appleウォレットの身分証明書機能を米国外で展開するのは日本が初となります。この機能によって日本に住むみなさんは、iPhoneのAppleウォレットにマイナンバーカードをシームレスに追加し、物理的なカードと同じようにコンビニエンスストアで公的な証明書等を発行したり、「マイナポータル」iOSアプリにアクセスしてオンラインの行政サービスを受けるなど、常にiPhoneのセキュリティ、利便性とともに、安全に利用できるようになります。

「Appleウォレットの身分証明書機能の米国外への展開は、従来の物理的な財布を、簡単かつ安全で、プライベートなモバイルウォレットに置き換えるという私たちのビジョンにおいて重要なステップです。私たちは、来春の後半からAppleウォレットでマイナンバーカードを利用できるようにして、iPhoneに組み込まれたセキュリティとプライバシー保護の機能を最大限に活用しながら、身分証明書を提示するシームレスで便利な方法を日本に住むみなさんに提供することを大変嬉しく思います」と、AppleのApple PayおよびAppleウォレット担当バイスプレジデント、ジェニファー・ベイリーは述べています。

「岸田文雄総理大臣とApple社CEOティム・クック氏のリーダーシップのもと、マイナンバーカードの機能をスマートフォンへ搭載するという大胆な取組に、Apple社とともに協働していくこととなり、大変嬉しく思っています。現在、日本のIDカードであるマイナンバーカードは、1億人以上の国民のみなさまに申請いただき、様々な官民のオンラインサービスをはじめ、約6万を超えるコンビニで行政サービスを受けられるなど、日常生活で広く利用され、災害や救急でも利用できます。デジタル庁は、スマートフォンを基盤とした世界をリードする安全で便利なデジタル社会を、構築してまいります」と、河野太郎デジタル大臣は述べています。

 

Appleウォレットで身分証明書を提示する

Appleウォレットのマイナンバーカードは、物理的なカードを取り出したりデバイスを人に渡したりすることなく、iPhoneに身分証明書を追加して提示する、簡単で、より安全な方法です。この機能が利用できるようになると、利用者は、ウォレットを開いて自分のマイナンバーカードを選択し、iPhoneのサイドボタンをダブルクリックしてFace IDまたはTouch IDで認証し、非接触IDカードリーダーに自分のiPhoneをかざすだけで、対面で身分証明書を提示できます。利用場面によっては、カードリーダーでの読み取りの際に追加の認証ステップが必要になる場合があります。

利用者は、物理的なマイナンバーカードが利用できる場所で、Appleウォレットに搭載したマイナンバーカードを提示することができるようになります。これには病院や医療機関、コンビニエンスストアが含まれ、日本政府のマイナポータルiOSアプリなどの特定のアプリで提示することもできます。

 

セキュリティとプライバシー

Apple製品は、利用者が自分の情報を自分でコントロールでき、プライバシーを守るように設計されています。Appleウォレットの身分証明書は、モバイル身分証明書を追加して使うための安全な方法を提供すると同時に、物理的な身分証明書では実現できないセキュリティとプライバシーのメリットを利用者に提供します。ユーザーがどこで、いつ、どのような個人情報を共有したかなど、過去の提示に関する情報は暗号化され、ユーザーのデバイス上のみに保存されます。Appleがユーザーの提示履歴を知ることはありません。また、利用者が自分のiPhoneをどこかに置き忘れた場合は、「探す」アプリを使って、デバイスをロックして位置を特定するのに役立てたり、デバイスをリモートで消去したりできます。

Appleウォレットの身分証明書は、モバイルデバイスで身分証明書や運転免許証を提示する際の消費者のプライバシー保護について明確なガイドラインを定めているISO 18013-5シリーズとISO 23220シリーズの規格に対応しています。

Source: Apple

やっと身分証明書が電子化でiPhoneに装備できる時代がくる\(^o^)/ Appleのセキュリティとプライバシーは信頼しています。

AppleのiOS、iPadOSのウォレット機能は現在、ポイントカードや交通ICカード、クレジットカードなどなどをiPhoneやiPadに入れてタッチで使用できます。これにやっと身分証明書⇒マイナンバーカードが対応です。恐らく運転免許証も対応(マイナンバーと一元化のは無しもあるけど)しマイナンバーカードはマイナ保険証になるわけで、財布に入れて面倒なカード類が一気にへります。

また、Appleのウォレット機能のセキュリティやプライバシー保護の実績からも安心してiPhoneに入れて使う事ができます。

また、先日「Apple、iPhoneのタッチ決済を 日本で提供開始」でiPhoneを端末として非接触決済が可能になりました。非接触決済の問題点は専用端末の準備投資にあります。その点をiPhone1つですむのは大きな利点です。決済以外の登録や認証の端末要にiPhoneを使う事が出来る(アプリ開発が必要)ので病院での保険証の確認も簡単になるかも知れません。

現状、良い事ばかり! と、聞こえますが、実際の健康保険証を使用する現場で”介護施設”などでは入居者の保険証を任意でまとめて預かっている場合があります(特に認知症の方の保険証)。この点が現状のマイナ保険証の問題として、iPhoneのウォレット機能に追加されても問題が残ります。政府、行政として今後の後期高齢者が増える世の中、物理身分証明書や電子証明書にしても管理体制を現実的に決める必要があります。本人が身分証明書を所持して使えない人々の管理に法律的に決める必要があります。現場まかせでは必ずミスが起こりトラブルの元です。

それでは(^_^)/

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Return Top