2階からMac

〜嫁様!もう無駄遣いしないから、2階からMac投げるのやめて〜

Read Article

MacBook および MacBook Pro キーボード修理プログラムが開始されました。例のバタフライ式キーボードです。

MacBook 2015以降、MacBook Pro 2016(Thunderbolt 3 Ports)以降のバタフライ式キーボードモデルで以前より不具合が報告されていましたが(アメリカでは訴訟も起こされている)、2018年6月22日にAppleが『MacBook および MacBook Pro キーボード修理プログラム』の開始を発表しました。

MacBook および MacBook Pro キーボード修理プログラムが開始されました。例のバタフライ式キーボードです。

上記は私が現在使用している、MacBook (Retina, 12­-inch, Early 2016)とMacBook Pro (15-­inch, 2017)。修理プログラム対象だが今のところ問題無し。

MacBook 2015、MacBook Pro 2016(Thunderbolt 3 Ports)は薄くて軽くなりデザイン的には素晴らしいですが、新型のバタフライ式キーボードでキーストロークも浅くなり押した感覚やキーをたたく音が五月蝿いなどの不満の声が発売当初からありました。
また、不具合も多く報告されており今回の修理プログラムが開始されました。

以下、AppleサポートHPより転記です。

MacBook および MacBook Pro キーボード修理プログラム

特定の MacBook および MacBook Pro モデルのごく一部のキーボードに、以下の症状 (の 1 つまたは複数) が現れる場合があることが判明しました。

  • 文字が勝手に反復入力される
  • 文字が表示されない
  • 押したキーがスムーズに跳ね返ってこない、または、キーを押した時の反応が一定しない

Apple または Apple 正規サービスプロバイダでは、対象となる MacBook および MacBook Pro のキーボードを無償で修理させていただきます。修理内容はキーボードの検査後に決まります。1 つまたは複数のキーの交換や、キーボード全体の交換が必要になる場合もあります。

対象モデル

お使いのコンピュータのモデルを確認し、それが本プログラムの対象となるかどうかを調べるには、Apple () メニュー >「この Mac について」を選択してください。本プログラムの対象となるモデルは以下の通りです。

  • MacBook (Retina, 12-­inch, Early 2015)
  • MacBook (Retina, 12­-inch, Early 2016)
  • MacBook (Retina, 12-­inch, 2017)
  • MacBook Pro (13­-inch, 2016, Two Thunderbolt 3 Ports)
  • MacBook Pro (13-­inch, 2017, Two Thunderbolt 3 Ports)
  • MacBook Pro (13-­inch, 2016, Four Thunderbolt 3 Ports)
  • MacBook Pro (13-­inch, 2017, Four Thunderbolt 3 Ports)
  • MacBook Pro (15-­inch, 2016)
  • MacBook Pro (15-­inch, 2017)

注:上記以外のモデルは本プログラムの対象外です。

修理手続き

下記のいずれかの修理方法をお選びください。なお、修理開始前に Apple にて実機検査を行い、お客様の MacBook または MacBook Pro が本プログラムの適用対象かどうかを検証させていただきますので、あらかじめご了承ください。

修理内容はキーボードの検査後に決まります。1 つまたは複数のキーの交換や、キーボード全体の交換が必要になる場合もあります。修理にかかる時間は、修理内容や交換部品の在庫状況によって異なる場合があります。

*修理の詳しい手続きはサポートページを参照下さい。

バタフライ式キーボードは失敗だったのか? 薄すぎてゴミには弱いのでは?

更に薄くなった、MacBook、MacBook Pro。新型のバタフライ式キーボードを採用しました。キーストロークが浅くタイピングの感覚は人それぞれ好みがあると思いますが、正直以前のモデルのキーボードより押し心地は悪いです。

また、バタフライ式によりキーの隙間にゴミが入ると故障の原因になる、ゴミが入ると掃除がやりにくいなど構造上の問題もあります。
第2世代バタフライ式キーボードになって故障率は下がりましたが、やはりまだ問題が報告されています。

デザイン重視で耐久性の設計が甘かった結果だと考えられます。今回、Appleもそれを認めての修理プログラムだと思います。

なにごとも新しい事をすると不具合はでます。不具合を解析し次の機種に繋げて欲しいところです。

で、私の修理プログラム対象になっている MacBook (Retina, 12­-inch, Early 2016)とMacBook Pro (15-­inch, 2017)の2台ですが、特にキーボードの不具合は有りません。
Apple Storeで実機を触った時から「こりゃー、キーボードの中にゴミが入ったら厄介だ!」と思ったのでキーボードカバーを購入して装着しています。
その御影か動作の不具合は無し。
私の悪い癖で、Macを使用するときに飲食します(●°ᆺ°●)。お菓子食べたり、ミルクティーを飲んだり〜ゴミだらけです。

何より以前使用していた「MacBook Air」にサンマ缶をこぼした苦い経験があるwので
過去記事:『MacBook Air に サンマ缶』
それ以降はキーボードカバーをするようにしています(*`・ω・)ゞ。

飲食しながらのMac使いは注意しましょう! 流石にサンマ缶をこぼしての故障は有償になります。よ。

それでは(^_^)/

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top