2階からMac

〜嫁様!もう無駄遣いしないから、2階からMac投げるのやめて〜

Read Article

Blu-rayドライブが壊れちゃった! 原因はUSB3.0のマイクロBレセプタクルが弱い(^^;)。

長男くん用の「USB3.0 Blu-rayドライブ」が認識しなくなりました。おろ?壊れた?
MacのUSBに挿しても電源が入らない。私のMacBook Proでも同様でした。う〜ん、これはドライブが壊れたのね?(長男くんが壊したのねw)

ではでは、一丁、どこが原因で壊れているのか調査です(*`・ω・)ゞ ←暇人

Blu-rayドライブが壊れちゃった! 原因はUSB3.0のマイクロBレセプタクルが弱い(^^;)。

壊れたBlu-rayドライブは『ロジテック ポータブルブルーレイドライブ USB3.0 mac 薄型 シルバー』です。
2,3年くらい前に購入したBlu-rayドライブで薄型でお値段は1万5千円前後とお高いですが、Mac用のソフト(Roxio Toast)も付属しているのでその分お得です。
大切に使っていたのを長男くんに譲りました。

で、毎度の様に壊される(●°ᆺ°●)。
保証期間(1年)は当然過ぎているので、普通はそのまま廃棄です。
趣味の世界で壊れた原因を調査してみました。
何故なら〜次も同じ原因で壊すかも知れない(カッコイイような言い方だが、良い子はマネしたらイケないよ!)からね。

先ずBlu-rayドライブを調査する前に、USB3.0のケーブルは問題無い(断線などしていない)事は確認しました。ケーブルはOK。

ドライブの裏から固定ネジを外して、蓋の爪を外してパカッと開けると中が出てきます。
ノートPC用のBlu-rayドライブです。シリアルATAのドライブです。

故障の無い様は『Blu-rayドライブの電源が入らない。認識しない。』なので、Blu-rayドライブは問題無いと考えられます。
壊れているなら、制御基板や電源部が一番怪しいです。特に電源・・・USBコネクタ部が怪しい。

USB3.0 マイクロBプラグ(ケーブル)とマイクロBレセプタクル(Blu-ray本体のコネクタ)です。
この部分の接触不良が原因で壊れている可能性が一番高いです。

何度かUSBのプラグをコネクタに抜き差しを実施してみました。
そうすると、青いコネクタ部が抜き差しのたびに『グラグラ〜』と動きます。
おぉう! これが原因かも?

グラグラする青いコネクタ(マイクロBレセプタクル)をピンセットで触ったら取れましたw
うむ、コネクタのハンダ付けしているピンが折れてイルネ! これが原因ね!!

Blu-rayドライブの電源が入らない認識しないは、USB3.0のコネクタ(マイクロBレセプタクル)の破損が原因。

では? なぜ折れた??
折れた原因は・・・USB3.0のコネクタ(マイクロBレセプタクル)が弱いとしか言いようが無い(^^;)。

USB3.0のモバイルドライブ(HDDやBlu-ray、CD-ROM)に使われている『マイクロBレセプタクル』は横長で端子自体は小さいです。持ち運ぶモバイル製品用にしてはとても強度不足な設計です。
ググってみたら同様な故障は良く有る。ドライブにケーブルを付けたまま鞄に入れて移動する〜などコネクタ部分に負荷を掛けると折れやすいです。
仕方ないと言えば仕方無いけど、USB3.0の仕様をモバイル用に使う場合はもっと強度を考えて下さい!メーカーさん。でも、どこのメーカーもこんなモノです。

対策! Blu-rayドライブを持ってまわる時はUSB3.0のコネクタ(マイクロBレセプタクル)を外す!! です。

長男くんには私が今使っていたBlu-rayドライブをまた譲り「ケーブルのコネクタは外して保管してね!」で一応解決です。
また、私のMacBook Pro用のアクセサリーが無くなった(´・_・`)。
まあ、また新しいBlu-rayドライブを探して買おう。きっと嫁さんも許してくれるよね(・ω<) テヘペロ

USB、Thunderbolt 3 のモバイル用のドライブ(Blu-ray、HDD、SSDなど)を持ち運ぶ時は、ケーブルを外しておきましょう! 皆様、ご注意を!!

それでは(^_^)/

 

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top