2階からMac

〜嫁様!もう無駄遣いしないから、2階からMac投げるのやめて〜

Read Article

【Apple Watch】 WatchOSのアップデートは就寝時がオススメです。

Apple WatchのOS 、WatchOSをアップデートするにはiPhoneが必要です。

アップデートの手順

準備

  • iPhone を最新バージョンの iOS にアップデートします。
  • Apple Watch が充電器に載せてあり、50 % 以上充電されていることを確認してください。
  • iPhone を Wi-Fi に接続しておきます。
  • iPhone を Apple Watch の通信範囲内に入るように、そばに置いておきます。

アップデート

  • iPhoneの「Watchアプリ」の、「マイウォッチ」>「一般」>「使用状況」>「ソフトウェア・アップデート」からアップデータをダウンロード
  • iPhoneからWatchOSのアップデータをApple Watchに自動転送、アップデート。

これが、また時間が掛かります。今までの経験則から1時間前後と言うこと頃です。
『Apple Watch が充電器に載せてあり、50 % 以上充電が必要』で『iPhone を Apple Watch の通信範囲内に入る場所に置く』必要が有るため、WatchOSのアップデート中に少しお出掛けも出来ません。
(初めてアップデートした時は1時間も掛かるとは思わなかったので、アップデート中に長男くんの塾のお迎え・・・iPhoneを置いて出掛けるコマッタ状態に陥りました。)

WatchOSのアップデート時はiPhoneを持ち出せない、途中でのアップデートの強制中止は色々と危険です。
で、本題です。

【Apple Watch】 WatchOSのアップデートは就寝時がオススメです。

昨晩、寝ながら〜Apple WatchのWatchOSをアップデート中。

Apple Watchは先日購入した「初代Macintosh風」の『elago W3 STAND』にセットして寝室で充電中です。
iPhone 7 Plusも充電しながら寝室のベッドの上で寝ながらアップデートです。
iPhoneの方は「Watchアプリ」の「マイウォッチ」>「一般」>「使用状況」>「ソフトウェア・アップデート」からアップデートを開始したら他のアプリで遊べます。
iPhoneとApple Watchとのアップデートの通信はそのまま進みますので(iPhoneとApple Watchが近くに有れば良い)、Apple Watchは充電中でアップデート、iPhoneは普通に寝ながらTwitterしたり読書したり、ゲームして寝落ちしてOKです╭( ・ㅂ・)و ̑̑ グッ !

朝目覚めたらApple Watchのアップデートも無事に完了です。
やはり、Apple WatchのWatchOSのアップデートは寝るとき就寝時に実行するのが安全、安心です。オススメです。

それでは(^_^)/

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top