2階からMac

〜嫁様!もう無駄遣いしないから、2階からMac投げるのやめて〜

Read Article

『有機ELディスプレイとRetinaディスプレを比べて見た。です。簡単にw』

こんにちは。
今日も昨日同じ、雷雨&豪雨。
恐ろしい、雷の列・・・。
 
Screenshot_2012-07-04-08-56-46.jpg
そして夕方には晴れ・・・。
 
IMG_1751_20120704210902.jpg
 でも、また雨・・・そして晴れ・・・。
 いつまでつづくのか。
 地盤も緩んで危険です。
さて、有機EL?
名前は以前から聞いてましたが、元ガラケー&iPhone使いのロボくまさん。
つい最近まで「IPSディスプレイ」さえもよく知らない〜ディスプレイ無頓着。
(性格か天然か、色合いに対してそこまで興味、こだわりが無いのです。色の判断力が弱いです・・です)
有機ELと聞いて〜低電力で
PS Vitaに使われてて、持っている友達が
        「画像焼けがでる〜、残像が残る〜」と文句を言っていた印象しかないのです(・ω<) 。

で、有機ELディスプレイのGALAXY S Ⅲに機種変したので
『有機ELディスプレイとRetinaディスプレを比べて見た。です。』
簡単にw、やってみました。
目視で比べて見ても、当然違いが分からないので、
以前購入した「
USBマイクロスコープ KR-012B」さんで画面を拡大です。
確認(撮影)はこんな感じでやってます。
 
IMG_1758_20120704210902.jpg
 付属の固定では高さが足りないので、丁度有ったモバイルバッテリーを台に使用w。

iPhone4S Retinaディスプレー スコープ倍率215倍。

 
1207040149_2.jpg
 以前、iPhone3GSとも比べましたが、流石RetinaさんLEDが細かいです。
 *画像がボケているのは、現在iPhone4Sの画面保護にアンチグレアシートを使用している為です。
  こんな画像でゴメンナサイ<(_ _)>。
  iPhone4S、3GS、iPadの画面の違いは
前回のエントリーをご覧下さい。
GALAXY S Ⅲ 有機ELディスプレイ 
     スコープ倍率:215倍(上のiPhoneと同じです)。

 
1207040146_1.jpg
 撮影が斜めになりましたが、こんな感じですw。
 iPhone4Sのレティナに比べてLEDが大きいですね。
 あと、3色間の間がiPhone4Sに比べて広い(黒部分)ですね。
見た目は、iPhone4SもGALAXY S Ⅲも画面がキレイです。
私の見た目の感想では、
 ・有機ELディスプレイ:ギラツキ間が無くとても見やすい。
            暗いところでも、明るさを調整せずに見られる。
            動画もキレイ、特に残像も無い。
            ただ、画面を真っ暗にして点灯させると、焼け付き見たいな後が
            見える〜ような気がする(保護シート起因かも知れません。未検証です)。
 ・Retinaディスプレ:長時間、暗いところではギラツキ間がある。
           凄く画面はキレイで、文字が読みやすい。
           動画もキレイ、残像も無し。
と言うところです。
 さてさて、有機LEとレティナってどちらが良いの??
さて、ぐぐって調査。
『有機ディスプレイ』
  ELディスプレイは低電力で高い輝度を得ることができ、視認性、応答速度、寿命、消費電力の点で
  優れており、液晶ディスプレイのように薄型にすることができる。
  (「IT用語辞典e-Words」さんより引用)
  あと、最近よく眼精疲労で上げられる「ブルーライト」の光量は少ないらしいです。
  ⇒あ〜、だから、ギラツキ間が無いのねw。
『Retinaディスプレ』
  Retinaディスプレイとは、AppleがiPhone 4で採用したディスプレイのことである。
  元々、Retinaは「網膜」という意味の英語である。
  Retinaディスプレイの大きな特徴は画面解像度の高さにある。
  1ピクセルの幅が78ミクロンと肉眼では見えない程度に小型化され、画面サイズは従来のiPhone 3や
  iPhone 3GSと同じ3.5インチのまま、960×640ピクセル、解像度326ppiと4倍以上の解像度を
  実現している。コントラスト比も従来比4倍で、より鮮明で深みのある色を表現できる。
  Retinaディスプレイの発光システムにはLEDバックライトと環境光センサーが搭載されており、
  周囲の明るさによってディスプレイの明るさを自動調節する、このため目の疲れを和らげ、
  バッテリーも節約できる。
  (「BIARY IT用語辞典」さんから、長々と引用)
  ちなみに、iPhone4Sは「ブルーライト」の光量はLED液晶ディスプレイの中で一番
  多いそうです。
  ⇒うむ、それは目が疲れますね。
私のまとめ。
 「有機ELディスプレイ」と「Retinaディスプレ」のどちらが良いのかと言われると
 個人的には「Retinaディスプレ」がキレイで文字もゲームも見やすいです。
 ただ、「Retinaディスプレ」には上にも書きましたが、「有機EL」よりギラツキ間があり
 たまに目が辛い時が有るかな〜と思います。
 最終的には「個人の好みですよね」と、しか、言えなくなるのですが(^^;)
 まあ、「Retina」の美しさ、文字の見やすさは天下一品だし、
    「有機EL」の低電力と薄さは将来的に期待出来るディスプレイですね〜
 と、言うのが、簡単ですが私の現状知識でのまとめです<(_ _)>。
いやはや、ディスプレイ関係の知識が無過ぎですね。
いつも中途半端な知識で申し訳ありません。
日々、情報収集、学習ですね。
それでは(^_^)/

URL :
TRACKBACK URL :

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 5 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 保護フィルムによって色が変わってしまうことはよくあるみたいです

  2. 写真は斜めだし、保護シート貼ったままの意味のない画像だし、
    ブログなんかやめちまえ

  3. ダンこにし さん、コメントありがとうございます。
    一年以上前の記事を見て頂きコメントまで!
    私も今この記事を見て、「センスの無さ」「いい加減さ」おっしゃる通りだと思いました。
    検証するにも保護シート付きなんて堕落した手抜き(だって剥がすともったいない・・)すぎですね。
    内容的にも有機ELをディスる為の内容の様に書いた本人が思ったくらいです。
    *言い訳w いや〜あのマイクロスコープ、オモチャなので調整が難しいのですよ。
          ソフトもMacOS対応探すの大変でした(付属していたソフトまともに動かず)。
          光学顕微鏡があれば・・・(うん十万円w)。
    やはり、何事も検証は公平な条件で、出す写真も比較しやすい物にする!!
    勉強になりました・・・会社でも今だレポートでは同様の指摘をされています。
    ダメな性格ですね。
    このブログを見ることにより、影響を受ける方々もいて記事への責任につきましても
    考えさせられました。
    これからは、改めたい(少しでも改善)して行きたいと思います。
    人間なのでミス、勘違いはあります。その時はご指摘下さい。      
    ブログは辞めません。
    1年間ブログを休み、このまま辞めようとも思いました。
    しかし、続ける事により得られる物が有るように思って来ました。
    私のブログは中途半端です。仕事では有りません(これでお金は貰ってません)。
    哀れなオッサンの日記だと勘弁下さい。
    ブログを書く事が辛くなれば辞めます。
    イヤになればパソコンや携帯の電源を落とします。
    今はまだ、何事にも挑戦する時だと。
    そして、たった1回きりの人生。
    自分がココに居た、生きていた証拠を残せる物がブログだとも思います。
    本当に不愉快な記事で申し訳ありません(私の下手な記録なので記事は消しませんが)。
    そしてありがとうございます。
    私が、ブログを再開した理由が、少しモヤモヤしてましたがハッキリしました。
    それでは(^_^)/
    [色:009900]> 写真は斜めだし、保護シート貼ったままの意味のない画像だし、
    > ブログなんかやめちまえ[/色]

  4. こんにちわ
    ふむふむ・・・・有機ELってこうなっているのですね
    画素の構造が液晶とは根本から違っていて自発光
    ですからね 液晶と違って光が透過する必要が無いので
    黒く見える訳ですね  そう言えばお手元のOM-Dさんも
    有機ELをモニタに使っていますよね あれも検証して
    頂けるとちょっと有難いかもですね カメラでは有機ELは
    一時はやりましたが色再現の問題から液晶に逆戻りして
    いますからね やはり自発光なので色のコントロールが
    難しいのでしょうかね(液晶だとバックライトも色再現の
    要素として使えますからね) 液晶に色再現の点で有機ELが
    追いつくのかそれとも消え去る運命なのかはちょっと気になる
    所ですね・・・・
    それでは(^^)

  5. koozyp さん、コメントありがとうございます。
    記事的には、有機EL(GALAXY S3)をでぃする記事になっているな〜
    と反省してます。書き直しませんがw
    確かに他の有機ELも検証したら面白いですね。
    OM-D さんや PS Vita さんなども検証します。
    PS Vita さんは発色はとても綺麗なのですが、黒画面になるとシミ?残像が出ます。
    (GALAXY S3でもたまに有りましたね)
    OM-D さんではそんな事はないので・・・何でしょう?パネル構造の違いでしょうか。
    その辺りも含め、拡大して検証。
    面白そうです。近々、iPhone5sも含め検証します。
    *保護シートはもったいないので・・・今回も剥がさずにするつもりです。
     この辺りは、貧乏なブロガーさんなので勘弁願いたい所なのです。
    それでは(^_^)/
    > こんにちわ
    >
    > ふむふむ・・・・有機ELってこうなっているのですね
    > 画素の構造が液晶とは根本から違っていて自発光
    > ですからね 液晶と違って光が透過する必要が無いので
    > 黒く見える訳ですね  そう言えばお手元のOM-Dさんも
    > 有機ELをモニタに使っていますよね あれも検証して
    > 頂けるとちょっと有難いかもですね カメラでは有機ELは
    > 一時はやりましたが色再現の問題から液晶に逆戻りして
    > いますからね やはり自発光なので色のコントロールが
    > 難しいのでしょうかね(液晶だとバックライトも色再現の
    > 要素として使えますからね) 液晶に色再現の点で有機ELが
    > 追いつくのかそれとも消え去る運命なのかはちょっと気になる
    > 所ですね・・・・
    >
    > それでは(^^)

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top