2階からMac

〜嫁様!もう無駄遣いしないから、2階からMac投げるのやめて〜

Read Article

兄弟

弟は、兄から30年以上逃げていた。
両親が生きている時は、密かに兄に見つからない様にお金をせびりに。
両親の葬式にも顔を出さなかった。死んだことも知らないのかも知れない。
自分の子供も捨てて、姿を消し、行方も分からぬ。
兄弟が再開したのは病院のベットの上。
意識も無く、命の炎も消え掛かっていた。
頬はこけ、痩せ細り、頭はボサボサの白髪。
30年ぶりの弟の顔に兄は息を呑む。
「親父の顔。死んだ時親父の顔にそっくりだ・・・」
自分より若い弟と死んだ父の姿が重なる。
意識の無い弟に、兄はいつもと同じ大きな声で
「おい、来たぞ。やっと見つけたぞ。おい!
 俺が分かるか。おい!」
ICU内では静かにして下さいと看護師に言われるが、兄は気にしない。
弟の所持品からは、競艇の紙と鉛筆が出てきた。
「あのバカ、まだギャンブルばかりやっていたのか・・・」
12月の寒い冬の中、弟は心肺停止状態で発見された。
今は、医療の力によって生かされている。
兄には2人の弟がいた。
1人は、兄の目の前で倒れて亡くなった。心筋梗塞。
そして、もう1人の弟も今目の前で意識も無く眠っている。
兄は医者と今後の事を話し、そそくさと帰路へ付く。
兄は例え相手が国家権力、暴力団だろうが、脅えもせず、涙も見せず
自分を意志を貫き通す。
兄が泣いた姿は、両親、弟の葬儀以外に私は見ていない。
 IMG_0376.jpg
 IMG_0377.jpg
*このお話しはフィクションです

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top