2階からMac

〜嫁様!もう無駄遣いしないから、2階からMac投げるのやめて〜

Read Article

Dear Steve Jobs.

Dear Steve Jobs.
今まで、ありがとう。
私が、あなたを初めて見たのは、iMacの発表会の時。
Macintoshは学生時代から欲しかったが、当然手の届かない購入品。憧れ。
だが、世界がWindows95に盛り上がり、Appleはもうダメだろう。そう思っていた。
(日本のNECにもそう思った)
だが、あなたはiMac、Power Mac G3と戻ってきた。
あれを見たとき、本当に体の底から震えた。
それまでのパソコンは、白くて四角いモノ、黒くて長方形のモノ。
どれも同じで、そのデザインにはワクワク感も無く「仕事しろ!」冷たい塊だった。
それを暖かい、使っていて楽しいパソコンを私に与えてくれた。
私は迷わず、Power Mac G4(PCI Graphics)とiBookを購入した。
G4は電源が壊れて動かないが、iBookは未だ動く、しかもお気に入りのデザインだ。
私の一番の思いでは、iBook、Mac OSX(10.0)の発表のキーノート。
深夜に嫁さんと二人、QuickTimeのストリーミングを見ながら盛り上がっていたのあのドキドキを思い出す。
Mac OSX10.2で、流石にハードとソフトお金が掛けられなくなり(子供も産まれ)、一度はWindowsへと
浮気をしたw。
だが、iPod、何よりもiPhoneの発売によりMacへと戻ってきた。
iPhoneはまさに、私が長年求めていた携帯端末である(Palmがその座を得られなかったのは時代と合わなかった)。
そして、MacのOSの完成度(使いやすさ)は驚くほど向上し、もうWindowsには戻ることは出来ない。
使いやすく生活、仕事に密着したOSを生み出してくれた Jobs, Apple,に感謝の言葉しかない。
スタンフォード大学でのあなたの有名なスピーチ
「毎日を人生の最後の日だと思って生きていれば、いつかそれが正しいとわかる日がやってくる」
「ハングリーであれ、ばかであれ」
私もそう思って生きていきたい。
そう、思える時が、私の復活の日になると今は信じている。
ありがとう、Steve Jobs。
そして、さようなら。
スクリーンショット 2011-10-06 22.55.48

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top