2階からMac

〜嫁様!もう無駄遣いしないから、2階からMac投げるのやめて〜

Read Article

ドライブレターを買って見た╭( ・ㅂ・)و ̑̑ グッ ! 『Transcend DrivePro 50』。

私の愛車は13年以上で20万㎞を超えています。そろそろヤバイですw。
私としてはもう車は何でもイイ、ので、動けば良いので税金も維持費も安い軽自動車に次はしたいです。
だが、嫁さんは「息子達の行事でまだ大きい車が必要! 今の車をまだ乗る!!」って・・・いつまで動くか?次の車検までには軽自動車に買い替えたい。これ以上の維持費がツラいです。

そんな後先短い愛車にドライブレコーダーを購入しました。
前から「ウェアラブルカメラ」か「ドライブレコーダー」が欲しくて悩んでました。
「ウェアラブルカメラ」・・・車や自転車など(出来たらスノーボードに付けて滑りたいw)に装着して撮影したい。
「ドライブレコーダー」・・・車に付けて事故などに備えて運転を記録。

どちらも価格はピンキリ。どちらが現実的に使うか?
やはり車が必需品の田舎。最近、田舎も危険な交通事情。安全の保険に「ドライブレコーダー」を購入する事にしました。お安くね。

ドライブレターを買って見た╭( ・ㅂ・)و ̑̑ グッ ! 『Transcend DrivePro 50』。

Transcend WiFi対応ドライブレコーダー コンパクトタイプ 300万画素Full HD画質 130°広視野角 16GB DrivePro 50 です。
価格も1万円以下とお安いです。

メーカーはトランセンド(Transcend)さんです。メモリーカードやドライブが有名なメーカーさんです。
私も過去にSDカードやmicro SD『JetDrive Lite 350』を購入しています。そんなメモリー系のメーカーさんがドライブレコーダーを出しているとは・・・なかなか手広くやっていますね。

<仕様>

  • サイズ:W55.0×H58.0×D31.15mm
  • 重量:49.0g
  • ディスプレイなし
  • 画像センサー:低光感知CMOS、300万 画素
  • WiFi機能搭載
  • バッテリー内蔵:リチウムポリマー 430mAh
  • レンズ:F/1.8、130°ワイドアングル
  • Gセンサー:3軸
  • 16GB microSD付属
  • マイク:内蔵
  • スピーカー:内蔵
  • 解像度/フレームレート:フル HD(1920×1080)30FPS、HD(1280×720)30FPS
  • 動画フォーマット:H.264(MOV:1920×1080 30fps)
  • 対応カード:microSD、8GB/16GB/32GB/64GB(Class10以上)MLC推奨
  • 接続インターフェース:USB 2.0
  • 電源供給:入力/ DC12V~24V
  • 出力:DV 5V 1A
  • 動作環境温度:-20℃~65℃
  • 保存温度:-25℃~70℃
  • 認証:CE、FCC、BSMI、KC、NCC、MIC
  • 吸盤マウント付属

Amazon商品説明より転記

サイズは小型で録画の確認、設定の画面が無いタイプのドライブレコーダーです。とてもシンプルです。
設定はWi-Fi接続でiPhone(スマホ)のアプリで実施します。リアルタイム画像や撮影記録もiPhoneで確認出来ます。
レンズはf1.8、130°ワイドアングルと明るくて広角です。
電源は、「ミニUSBポート ー 車のシガーソケット」です。私の車にはシガーソケットが1つしかないのでUSB端子付きのシガーソケットポート(3連)を別途購入しました。

装着(*`・ω・)ゞ。
車のバックミラーの手前に取り付けです。付属の吸盤マントを使用。このクソ暑い夏でも付属の吸盤マウントで問題無く装着出来ています。
本体が小さくて液晶も付いていない(液晶が付いているとかえって画面の明かり等でフロントが見づらくなる)ので特に運転の視野の邪魔になりません。

『Transcend DrivePro 50』のWi-Fi接続で設定や画像を確認するアプリは何故か二種類あります。
「DrivePro New」は古いアプリのようです。起動すると最新の「DrivePro」をダウンロードするようにメッセージが出ます。ので「DrivePro」をダウンロードです。が、アプリのレビューを見る限りでは「DrivePro」はバグが多い?
まあ、メーカーさんの専用アプリが最新版の「DrivePro」を使え!と言っているので私は「DrivePro」を使っています。
私の場合は使い始めて特に問題無しです。

先ずはiPhoneとWi-Fiで接続します。
車のエンジンを掛けると自動で『Transcend DrivePro 50』が起動して録画を開始します(micro SDを装着状態)。
iPhoneのWi-Fiを開いて『Transcend DrivePro 50』と接続します。パスワードは取説に書いています(設定で変更可能。変更しましょう)。

Wi-Fiが接続したらアプリの「DrivePro」を起動。ライブビューとプラウザを選ぶ画面が出てきます。

ライブビューを選ぶと現在の録画画像が確認出来ます(運転中にライブビューを見るのは危険なのでやめましょう)。
夜中の交差点(赤信号時)の画像です。f1.8のレンズ、明るさなので夜でも良い画像です。

アプリのメニューから設定を変更できます。解像度、画面の明るさ、録画の長さ(初期設定では3分毎にファイルが保存されます)、タイムスタンプ有り無し、Gセンサー感度やマイク、Wi-Fiのパスワード変更。

iPhoneと時間同期、micro SDのフォーマット。
設定としては以上です。ドライブレコーダーの機能的にはシンプルで十分な設定です。

ライブビューで某コンビニに駐車したときのスクリーンショット。

実際ドライブレコーダーで保存された動画。なかなかキレイに撮れています。

左下にはタイムスタンプも表示されてます。
おお、これはアリバイの証拠になるかなw
iPhoneで時間は同期されているので多分性格です。多分w。

安全運転の励行、事故時の記録、「一時停止したのに警察に捕まったときにハッキリ言えるw」などに使えます。

自分の運転の記録を撮る。万が一の事故時には正確な証拠になります。ヘタをすれば自分のミスの証明にもなってしまう・・・なので、安全運転の励行にもなります。
事故が起きたときは、人間、興奮して記憶が飛ぶ場合もある(オッサン)ので安心して事故の対応も出来ます。
世の中、国家権力さんが必ず正しいとは言えません。残念な事に点数稼ぎキャンペーンなどで止められる場合も有りますw。交通違反した場合は仕方が有りませんが、一時停止したのに!!と自分で思っていてもお声が掛かる時が有るので良い確認にもなります。
何はともあれ、ドライブレコーダーで記録をする、普段から安全運転を心掛ける戒めにも良いです。

取り付け、取り外しが簡単なお安いドライブレコーダーです。この夏の激暑さで壊れなければ次の車にも使いたいと思います。
因みにMicro SDカードは16GBが付属していますが、家に余っていた64GBを装着しています。何時間くらい録画できるかな?
やはり休日の車でドライブは楽しいのでドライブレコーダーで面白い動画が撮影出来れば、安全&ブログネタにもなる╭( ・ㅂ・)و ̑̑ グッ !

それでは(^_^)/

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top