2階からMac

〜嫁様!もう無駄遣いしないから、2階からMac投げるのやめて〜

Read Article

【MacBook Pro】 「Touch Bar」搭載の新型MacBook Proが発表されました。

2016年10月28日 午前2時からAppleスペシャルイベントが開催されました。
20161028-22_40_43a
前情報、噂通りに新型MacBook Proの発表です。

【MacBook Pro】 「Touch Bar」搭載の新型MacBook Proが発表されました。

20161028-22_40_43b最大の特徴は本体が薄く軽くなり、ファンクションキーが廃止され新たにTouch BarTouch IDが搭載されました。

Touch BarTouch ID

あなたのMacを操る、革命的な新しい方法。
まず長い間キーボードの上部を占領していたファンクションキーを取り去りました。そして、はるかに多才で有能なものに置き換えました。Touch Barです2。このガラスの帯は今していることに合わせて自動的に変化し、あなたがすでに使い方を知っている、その作業に関連したツールを表示します。
音量や明るさといったシステムコントロール。コンテンツを調整したりすばやく探すためのインタラクティブな方法。絵文字や予測入力などのインテリジェントな入力機能。そのほかいろいろなものに変わります。しかもMac上で初めてTouch IDが使えるようになったので、ウェブサイトなどでのログインが一瞬で完了します。Apple Payを使ってオンラインで安全かつスピーディーに支払いを済ませることもできます。

キーボードには無くてはならないファンクションキーを何と取っ払ってしまう、この新しい試みが今回のイベントテーマ「hello again」のようです。
ファンクションキーは使う人は使う、アプリケーションによって使い方が変わる便利なキーです。それを取っ払ってしまうとは??Appleさんは何を考えているのか?と疑問に思う所です。しかし、ファンクションキーは使わない人は使わない、アプリケーションによって使い方が変わるキーなので初心者は戸惑います。また、ハードメーカーによっても使い方が少し違う場合も有ります。
今回Appleが行ったのはこの分かりにくい、一番指から遠いキーをアプリケーションによってボタンが変化する、視覚で分かりやすいTouch Barに進化させました。
面白い(੭ु ˃̶͈̀ ω ˂̶͈́)੭ु⁾⁾
Touch BariPhoneやiPadのタッチパネル同様に視覚で判断、操作ができる。説明書を見なくても感覚で操作できるように工夫されています。この進化、ユーザーインターフェイスは素晴らしいです。(因みにTouch Barの様なファンクションキーをタッチパネルしたPCは既に発売されています。Appleが初めてでは有りません。2014年にLenovoさんが『ThinkPad X1 Carbon』に搭載しましたが、使い勝手が悪いようで話題にもなりませんでした。OS、Windowsとの整合が上手く行かないと使い勝手が悪くなります)

そして、Touch IDがやっとMacBook Proに搭載です。これでログインが安全かつ速やかに行えます。また、Apple Payにも対応しネットでのお買いモノも指紋認証で実施可能です。

薄く、軽くなったMacBook Pro13インチモデル

20161028-22_40_43d薄く、軽くなり携帯性&パワフルのMacBook Pro13インチです。カラーにスペースグレイが追加がシブいです。個人的には今後、黒MacBook Proの復活をねがいたい所です。CPUはデュアルコア
モデルはTouchBar無しのモデル1つ。Touch Bart搭載でCPUとストレージの違いで2モデルです。
Touch Bar無しは従来のキーボードで使いたい方の為に残すところがAppleさんらしい計らいです。Thunderbolt3ポートは2つ。
Touch Bar有りはThunderbolt3ポートが4つと拡張性が高いです。
*忘れてました、I/OインターフェースはこのThunderbolt3イヤフォンジャック以外有りません。SDカードスロットMagSafeHDMIが見事に消え去りました。思い切ったことをするw。しかしこの方向性は現行のMacBook 12インチを観れば「やはりそう来たか」と納得出来ます。既にThunderbolt3USB-Cのアクセサリーは沢山出ています。新型MacBook Proが発売されてもアクセサリーで困ることは無いとはずです。ただー見た目が『たこ足配線』wになることが見えている、シンプルで無いゴチャゴチャした配線周りの恐れが有ります。ので、配線、アクセサリー選びは自分の使い方によって考えて下さい。

Proのプロ機、MacBook Pro 15インチスペック

20161028-22_40_43c最大の特徴CPUがクワッドコア、外部GPU「Radeon Pro 450」搭載です。Thunderbolt3ポートが3個あるので外部ディスプレイ、高速外部ドライブとの相性も抜群。まさにプロのMacBook Proです。

いいなー、ほしいなー。でも、私にはオーバースペック。MacBook12インチで十分です。最近、身の程を知りましたw。

今回のアップデートで一番残念なのがやはり、CPUがIntel第7世代Core 「Kaby Lake」では無く、1つ前の第6世代「Skylake」です。悪いCPUでは有りませんが性能の劇的アップは望めません。また省電力機能も第5世代より上ですが、やはり第7世代を搭載して欲しかった・・・Intelさんもっと早く作ってください<(_ _)>。

CPU周り以外では特に不満も無い、何よりも本体を薄くして外部GPUが廃止されないか!!と心配していましたが問題無しです。コレこそプロ機です。

さて、巷ではTouch Barによる「esc」キーの廃棄が悲しまれていますが、私は最大に残念なのが「ディスプレイの薄型によりリンゴマークが光らない!!(#゚Д゚)ゴルァ!!」です。現行のMacBookは既に光りませんが、今後のMacBook Proも光りません(TдT)。これは個人的に「光リンゴが、リビングや仕事場に癒やしを与える暖かい光に見えていました。」その灯火が消える、無くなる、悲しいです。まあ、薄型仕様と省電力を考えると外す流れになります。
誰か、薄型LEDを入れて改造しないかなw。

Touch Barメインのイベントでしたが、これがコレからおMacBook Proのインターフェースになります。

地味に見えて、大きな進化です。人が使いやすいを目指した面白いインターフェースです。
来年には次期MacBookにも搭載されるかな?

Appleスペシャルイベントとしては過去最大級の眠たいイベントでした・・・Touch Barの説明ばかり。朝を向かえて寝不足の脳味噌をフル回転して整理したらTouch BarはコレからMacを始める人、もっとMacを使いこなしたい人には重要なインターフェースになるはずです。面白い。
今回は本当に地味なスペシャルイベントでした。前日もMicrosoftさんのSurfaceイベントの方が驚きが大きすぎて尚更やられた感が続いています。

長かった、新型MacBook Proの発表。やっと発表、発売です。どうやら予約は順調のようです。皆さんも新型MacBook Proを待っていたのですね。
で、ロボくまは新型MacBook Pro(Touch Bar)搭載を買うのか?・・・買いません( ー`дー´)キリッ
全てがオーバースペックです。

現在所有の
・MacBook Pro Retina Core i7 2.5GHz(15inch,Mid 2014)
・MacBook Pro Retina Core i7 2.6GHz(15inch,Mid 2012)
がまだまだ現役過ぎて困ってます。使いやすいのです。なのでまだ使い続けますよ。
Intel第7世代CPU搭載機が出たら少し心がゆれるかもw

それでは(^_^)/

Sauce:Apple

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top