2階からMac

〜嫁様!もう無駄遣いしないから、2階からMac投げるのやめて〜

Read Article

ホタルの光、光の川。[ライブコンポジットで蛍を撮影]

今日もとても暑い一日でした(^^;)
まじ、夏です。

今月号のフォトコン6月号に「ホタルの撮り方」の特集が載ってます。
で、思い出しました。
「ほげ!そうじゃん!! ホタルの季節じゃん(੭ु ˃̶͈̀ ω ˂̶͈́)੭ु⁾⁾」
撮影です。

ホタルの光、光の川。[ライブコンポジットで蛍を撮影]

ホタルはお尻が点灯、点滅しながら飛ぶ面白い虫さんです。
静かな山の川沿いに聞こえてくるのはせせらぎ、田んぼのカエルの声。
そして沢山の点滅する蛍光色のヒカリ。
昼間の暑さを忘れさせる、美しく静かな空間です。

ホタルを撮影する場合、iPhoneでは中々難しいです。ホタルを1匹、点で光のを撮影できるくらいです。
点灯、点滅するホタルを撮影するには長時間露出で連続撮影し写真をパソコンで合成が必要です(比較明合成)。
OLYMPUSのOM-D E-M1、E-M10、E-M5 Mark IIではライブビュー画像を見ながらライブコンポジット撮影が出来ます(明るく変化した部分のみがその場で合成される)。
E-M5には搭載されてません(TдT)・・・ファームウェアアップデートでの搭載を期待してますが難しいかな。

と、言う事でE-M1でライブコンポジットを使用してホタルを撮影しました。

場所は少し山の中の一応ホタル名所へ行きました。
時期が早かったかまだまだホタルさんの数が少なかったです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS OM-D E-M1 + M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

1分間くら撮影です。空に大きく輝くのが金星です。ヒカリの線が幻想的です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS OM-D E-M1 + M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

今日は半月が出てます。月とホタルを撮影したかったのですが、中々うまく構図が出来ませんでした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS OM-D E-M1 + M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

撮影時に設定を間違って、デジタルテレコンで2倍で撮影したホタルさん。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS OM-D E-M1 + M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

これも1分間くらい撮影。川沿いをホタルさん達は飛ぶのでヒカリの波のように見えます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS OM-D E-M1 + M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS OM-D E-M1 + M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

レンズのすぐ前を横切ったホタルさんのヒカリ。大きく長く映り込んでます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS OM-D E-M1 + M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

カメラを川の方に向けて撮影。暗闇の中にホタルのヒカリの軌跡だけが写ります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS OM-D E-M1 + M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

2分間くらい撮影。まるで火の玉の列にも見えますね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS OM-D E-M1 + M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

撮影も後半になってホタルの数が減ってきました。そろそろ今日の撮影は終わりかな。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS OM-D E-M1 + M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

最後に10分ほど撮影したホタルの川。星の軌跡もその分長くなってます。

撮影後半になるほど、ホタルの数が減ってきました。
やはり、ホタルの発生時間があるのかな?

今回はホタルの発生数、時間も含めてのロケハンと言う事で。
これから農繁期、田植えが始まります。
梅雨前にもう一度撮影に行きたいと思います。時間がとれれば別の場所(何カ所か名所?があります)も行って見たいです。

「ライブコンポジット」撮影は面白く楽しい、けど、車のライトに注意です(*`・ω・)ゞ

「ライブコンポジット」撮影はリアルタイムに光物体の撮影状態を見ることが出来ます。
好きなところでシャッターを切ることが出来るので、私の様な素人でも楽しく撮影できます。
が、明るく変化した部分のみが撮影される「ライブコンポジット」。
天敵は車のヘッドライトです(ホタル撮影時は)。
今日の撮影でも、人里離れた山奥ですが何度も車に邪魔されました。
恐らく私同様にホタルを見に来た方々、農繁期なので田んぼを見に来た農家の人(軽トラでしたね)でした。

うげぇ!なんで、このタイミングで来るかな〜。どうしてそんな所でハイライトで車停めるかな〜。
など、少し(`ヘ´) プンプンな時も有りましたが、みんなの道、川、ホタルなので仕方無いですね。
本当に「ライブコンポジット」撮影は面白くて楽しいです。はやく花火を撮影したい(੭ु ˃̶͈̀ ω ˂̶͈́)੭ु⁾⁾

それでは(^_^)/

 

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top